宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日の大地震により、碇神社が遷座した。碇神社所蔵の棟札には「宝永四年(一七〇七)十月四日大地震以後高汐満就中宝永五年八月三日大洪水高汐社中迄上揚砂尺余段々及大破今年新造営干時正徳二年(一七一二)九月八日御遷宮」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考画像

参考文献
加藤正典著「明神木の歴史と碇神社-伊予西条の歴史の一考察-」(加藤正典、2001年)、13頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 碇神社
NO.
愛媛9084

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日の地震により、碇神社に高潮が満ち、宝永5年8月3日に大洪水、高潮が社中まで上がって大破した。このため、正徳2年(1712... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震。土佐国では大潮、伊予道後温泉は没して出なくなった。(別枝の中越律氏所蔵の「宝永年中大地震筆記写」による)また、... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震。土佐国では大潮、伊予道後温泉は没して出なくなった。(別枝の中越律氏所蔵の「宝永年中大地震筆記写」による)また、... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)9月3日、大地震により大谷池の堤塘が大破した。 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震で道後温泉の湧出が止まり、湯神社などに祈祷を命じた。(「垂憲録」「垂憲録拾遺」による) 続きを読む