享保14年の干ばつ

災害年月日
1729年07月01日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
渇水  
概要
享保14年(1729)6月6日、打ち続く日照りのため、7日夕方から雨乞いを光林寺で行うことになった。しかし、8日から雨模様となり、9日夕方小雨、10日も雨天となったので光林寺に集まった人々は帰っていったという。(「永頼見聞録」による)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
日浅繁一郎編「今治市誌」(今治市、1943年)、971頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 雨乞い 永頼見聞録
NO.
愛媛607

よく似た災害

享保14年の干ばつ

image

享保14年(1729)6月、干ばつ。「同六日御領分打続日照ニ付明七日夕ヨリ、アマゴイ光林寺ヘ被仰候言々」(「見聞録」による) 続きを読む

享保14年の干ばつ

image

享保14年(1729)6月、干ばつ。光林寺で雨乞いを行う。 続きを読む

享保17年の干ばつ

image

享保17年(1732)、干ばつ及び虫付きのため、7月13日に光林寺に祈祷を命ず。7月19日、米麦を他処へ売ることを禁ず。8月28日、西国大名参観を免ぜ... 続きを読む

享保2年の干ばつ

image

享保2年(1717)7月29日、干ばつにより光林寺で雨乞い。(「国府叢書」による) 続きを読む

大正3年の干ばつ

大正3年(1914)7月中旬から、干天となった。時々降雨があったので、大きな旱害にはならなかった。/8月3日~5日、雨乞い。(「井内谷村史」による) 続きを読む