昭和47年の集中豪雨

災害年月日
1972年09月07日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和47年(1972)9月7日から降り始め、8日から9日にかけては173ミリの豪雨を記録した。河川は氾濫し、土砂崩れが長沢、乃万など7箇所で発生し、予讃線も2箇所で不通となった。朝倉村では満願寺の大師堂が山津波で倒壊し、玉川町の神子森では鉄砲水で4人が死亡、今治市内でも重軽傷6人を出した。市内の被害は、住宅の全半壊15戸、破損71戸、床上浸水972戸、床下浸水5,454戸などで、被害総額は21億円に及び、災害救助法が発動された。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
今治郷土史編さん委員会編「現代の今治 地誌 近・現代4」(今治市、1990年)、105頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 土砂崩れ 鉄砲水 死者 災害救助法
NO.
愛媛613

よく似た災害

昭和49年の集中豪雨

昭和49年(1974)7月6日から7日にかけて、台風8号が梅雨前線を刺激して、四国地方は大雨となった。内海町の太陽の丘では、6日9時から7日9時までの... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)9月14日から降り始めた大雨は15日にひどくなり、高知市では15日午後6時からの1時間雨量は92ミリに達した。集中豪雨に見舞われ... 続きを読む

昭和36年の集中豪雨

昭和36年(1961)10月26日~27日、集中豪雨。室生峠が埋まり、池田新池、室生大池、新池、吉野賢東池が決壊、室生豊栄川橋流失。池田町内では家屋の... 続きを読む

昭和47年9月の集中豪雨

image

昭和47年(1972)9月15日、集中豪雨により高知市比島町の比島山北面が突然崩れ、火災発生も災いし、犠牲者を出した。被害は、死者11人、負傷者3人、... 続きを読む

昭和54年の集中豪雨

昭和54年(1979)6月17日から7月1日までの雨量は480ミリ、山間部では600ミリを超えた。特に6月30日には1時間当たり100~150ミリの集... 続きを読む