宝暦12年の干ばつ

災害年月日
1762年00月00日
市町村
愛媛県上島町(魚島村)
災害種類
渇水  
概要
宝暦12年(1762)春から雨が十分ではなく、5月に入っても降らず、今治藩内の北方では池の水がないため蒼社川の水を落として漸く田植えを行った。このため別宮大山衹神社で雨乞いをすることになり、酒と弁当を支給して350人ほどで2夜3日の雨乞い踊りを行った。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村一義編「魚島村誌 合冊版」(魚島村、2004年)、143頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 蒼社川 別宮大山衹神社 雨乞い
NO.
愛媛740

よく似た災害

大正12年の干ばつ

image

大正12年(1923)、大干ばつのため、大山祗神社で千人踊りの雨乞いを行った。 続きを読む

文久元年の干ばつ

image

文久元年(1861)5月9日から毎日天気が続き、組々では雨乞いの祈祷などをたびたび行ったが、効果がなかった。そこで、7月8日に宇都宮神社で、大瀬、村前... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつのため、小野村では神社、寺院で雨乞い祈願を行ったり、皿ヶ嶺(1,271m)のお水貰い、河之内(川内町)の雨瀧参りなどを行... 続きを読む

治暦3年の干ばつ

治暦3年(1067)2月6日、大干のため、能因法師が三島明神で雨乞いをする。(「三島神社文書」による) 続きを読む

昭和6年の干ばつ

昭和6年(1931)、干ばつ、凶作のため雨乞いを行った。 続きを読む