文政6年の干ばつ

災害年月日
1823年06月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
文政6年(1823)5月頃から干ばつのため、植え付けができない所が多かった。雨乞い祈祷。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
郷編集委員会編「たちばなの郷」(松山市立たちばな小学校ほか、2003年)、45頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 雨乞い
NO.
愛媛900

よく似た災害

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)、干ばつのため稲の植え付けのできないところが多く、損毛高は116,258石余に及び、最大の凶作となった。この間、家中、郷町でも雨乞... 続きを読む

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)5月より、干ばつのため、植え付けが相整わない所が多く、雨乞い、祈祷が各所で行われた。(「松山叢談(増田家記)による)/12月19日... 続きを読む

文化10年の干ばつ

文化10年(1813)8月頃から雨なく、10月頃から深井戸の水あがる。翌11年になっても雨は降らず、人々は毎日のように大川神社に登り雨乞い。5月1日と... 続きを読む

天明5年の干ばつ

天明5年(1785)5月~7月、雨が極めて少なかった。各地で潤雨御祈祷を実施した(宇和島領)。風早郡では稲の植え付け不能の水田もあった。所々で雨乞い祈... 続きを読む

享保9年の日照り

image

享保9年(1724)5月、6月は日照りのため、道前五郡のうち200町歩余は植え付けができずに、味酒明神(阿沼美神社)と道後八幡(伊佐爾波神社)に二度の... 続きを読む