明和8年の水論

災害年月日
1771年00月00日
市町村
愛媛県砥部町
災害種類
渇水  
概要
明和8年(1771)6月8日、南神崎・徳丸・出作・宮之下・八倉の下5ヶ村の農民700人余が古樋井手の筧を引き落としたため、上・下麻生村勢200余名との間で乱闘になった。この矢取川の乱闘で下5ヶ村側に死者2人と多数の負傷者が出た。天領が含まれていたため、関係者が備中代官所に出頭するよう命じられ、各村の農民380人余が出頭した。このうち、両麻生村の者は初めから加害者扱いで投獄された。取り調べが4年にもわたる中で、村人を思い、下麻生村組頭・兵右衛門は自ら発議者であると名乗り出て、処刑された。
地理院地図
Googleマップ
備考
兵右衛門は砥部町八倉雲雀山中腹の衣更着神社に祀られ、八倉公民館裏には兵右衛門の墓がある。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
砥部町誌編纂委員会編「砥部町誌」(砥部町、1978年)、199-208頁及び1068-1070頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水論 古樋の筧
NO.
愛媛987

よく似た災害

明和8年の水論

image

明和8年(1771)6月8日、八倉・宮之下・上野・徳丸・出作の下5ヶ村の農民700人が小樋井手を切り落としたため、上・下麻生村勢200余名との間で乱闘... 続きを読む

明和8年の干ばつ

image

明和8年(1771)、大干ばつのため、徳丸村・出作村(松山領)・南神崎村・上野村(天領)及び八倉村(大洲領)の五ヶ村が古樋井手の筧を切り落としたため、... 続きを読む

宝暦11年の水論

宝暦11年(1761)、干ばつのため水論が起こった。この年、南神崎・上野村(のちの宮下村)が幕府領になったため、両村の農民が公領を鼻にかけ、これに徳丸... 続きを読む

元禄16年の水論

元禄16年(1703)、大干ばつに際し、水の少ない神崎・上野・徳丸・出作・八倉の下5ヶ村では稲の生育が危ぶまれた。このため、5ヶ村の農民は7月21日夜... 続きを読む

明和8年の干ばつ

image

明和8年(1771)、大干ばつのため、松山藩預所の徳丸村・出作村、大洲領八倉村・宮ノ下村・上野村の5ヶ村は、重信川よりの取水をめぐって、上手の麻生村と... 続きを読む