昭和18年7月の豪雨

災害年月日
1943年07月23日
市町村
愛媛県内子町(小田町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和18年(1943)7月22日朝から降り始めた雨は激しくなり、23日には水嵩3mを超す大洪水となった。被害状況は、上川地区では県道の崩土5箇所崩壊8m、くるみ谷橋梁の埋没・破壊、東校から中畦間1.5km全面通行止め、中川地区では県道の崩土3箇所で車馬通行不能、居宅埋没、本川地区では居宅、倉庫等の倒壊、村道北田鎌土線崩土60mで交通不能などであった。このほか、田地流失15箇所4,958平方m、畑流失15箇所14,380平方mなど耕地被害や山林崩壊27.8haなど大きな被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
林與一郎編「小田町誌」(小田町、1985年)、455-456頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 洪水 通行不能 山林崩壊
NO.
愛媛993

よく似た災害

大正15年の豪雨

大正15年(1926)7月7日、低気圧による豪雨、洪水のため、被害が生じた。被害は、田の流失・埋没25町、浸水125町、畑の流失・埋没2町、浸水8町、... 続きを読む

平成16年の豪雨

平成16年(2004)6月27日10時30分からの1時間で52ミリの豪雨が、また翌28日1時~2時に46ミリの豪雨があり、城之下地区ほか農地28箇所、... 続きを読む

昭和37年6月の豪雨

昭和37年(1962)6月9日、豪雨のため、県道が長江地区で崩壊。 続きを読む

平成26年の台風12号・11号

平成26年(2014)8月2日午後、台風12号による豪雨により、伊野地区では崖崩れ、道路や農地の冠水などの被害が発生し、浸水被害は枝川地区を中心に床上... 続きを読む

平成13年の豪雨

平成13年(2001)9月6日未明から午前中にかけて、高知県西南地域は秋雨前線に伴う集中豪雨に見舞われた。村内では、広野、亀ノ川、下切の3集落の雨量が... 続きを読む