昭和13年の洪水

災害年月日
1938年08月01日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和13年(1938)8月1日、肱川の洪水により、濁流が町中に流れ、家屋流失、床上浸水等の被害が出た。また、柚ノ木堀切りの山が崩れ、家屋が土砂に押しつぶされた。さらに、西大洲では久米川の氾濫で水田が土砂に埋まった。写真11枚。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大槻幹雄編「写真集 大洲」(国書刊行会、1981年)、22-26頁
情報源の種類
写真集
キーワード
洪水 肱川 山崩れ 久米川 写真
NO.
愛媛1063

よく似た災害

大正元年の山崩れ

大正元年(1912)8月21日、暴風雨の夜半、冨士権現下の山麓が高さ10m、幅10mにわたって崩壊し、住家3軒が土砂に押しつぶされた。村民総出で埋没物... 続きを読む

昭和47年の比島山の崩壊

image

昭和47年(1972)9月15日、豪雨により比島山が崩壊し、住家8棟が押しつぶされた上、火を出して10人が死亡した。(写真1枚) 続きを読む

明治17年の桑地森の崩壊

明治17年(1884)7月18日午前7時頃、東俣名の桑地森の山頂付近から幅約17m、高さ約100mにわたって崩れ落ち、下にあった民家7、8戸が押しつぶ... 続きを読む

寛文10年の大雪

寛文10年(1670)12月、大雪により、押しつぶされた家屋は多数にのぼり、惣川だけでも38戸に及んだ。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

昭和13年の山崩れ

昭和13年(1938)9月5日朝来の暴風雨に伴い、七箇村字久保の中山の一角が午後2時頃崩壊し、家屋1戸が押しつぶされ、9名が生き埋めとなった。急報に接... 続きを読む