昭和48年の大雨

災害年月日
1973年05月08日
市町村
愛媛県西予市(城川町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和48年(1973)5月8日、大雨による災害のため、県道魚成八千代橋上の砂防ダム付近が崩壊し、車不通。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
城川町誌編集委員会編「城川町誌」(城川町、1976年)、282頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 魚成 土砂災害
NO.
愛媛1087

よく似た災害

弘化4年7月の大雨

弘化4年(1847)7月14日夜半より大雨、西の谷大水、木ノ内の家内に入水(座上)、奥山谷筋(八千代地区)大損害。(「敷太家記録」による) 続きを読む

昭和47年7月の大雨

昭和47年(1972)7月4日、梅雨前線による大雨のため、山田堰の一部が崩壊し、香我美町中央付近が陥没した。被害は死者1人、行方不明3人、家屋の床下浸... 続きを読む

大正5年の大雨

image

大正5年(1916)8月1日、大雨洪水で金倉川が氾濫し、五条の雄装軒(おそのき)橋付近の堤防が崩壊した。水防従事中の琴平消防組の消防手が溺死、殉職した... 続きを読む

昭和27年7月の大雨

昭和27年(1952)7月2日午前7時頃、大雨により、大宮荒井井堰が決壊し、井堰の東川岸が崩壊。被災の写真が掲載されている。 続きを読む

昭和32年4月の大雨

昭和32年(1957)4月19日~23日、低気圧による大雨が県下各地を襲い、特に中予松山付近の内川、小野川が増水し、護岸の決壊を生じた。また、県道郡中... 続きを読む