明治19年の台風

災害年月日
1886年09月10日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治19年(1886)9月10日、台風により、風水害、諸所で山崩れがあり、県下の死者80人、肱川氾濫す。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、56頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 死者 肱川
NO.
愛媛1210

よく似た災害

明治19年9月の台風

明治19年(1886)9月10日、台風により、風水害、諸所山崩れ、県下の死者80人、肱川氾濫。(「愛媛県史」による) 続きを読む

明治4年の洪水

明治4年(1871)5月18日、国領川氾濫す。(「新居郡誌」による) 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風が宿毛市付近に上陸した。仁淀川が氾濫するなどして、県下の死者・行方不明者は77人となった。 続きを読む

明治25年の台風

明治25年(1892)7月23日、台風により、洪水、高潮。雨は四日間続き、山間部で山崩れ、平地部で洪水の被害あり。県下の死者は311人、家屋の流失64... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日から激しい暴風雨となり、加茂村荒川山では死者51人、家屋の流失60人となった。西之川山では山崩れがあり、西之川鉱山の小... 続きを読む