文禄5年の地震

災害年月日
1596年07月26日
市町村
愛媛県鬼北町(広見町)
災害種類
地震・津波  
概要
文禄5年(1596)7月12日、M6.9の大地震により、崖崩れや家屋の倒壊があった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
広見町誌編さん委員会編「広見町誌」(広見町、1985年)、41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 崖崩れ
NO.
愛媛1299

よく似た災害

文禄4年の地震

文禄4年(1595)7月、地震。 続きを読む

文禄5年の地震

image

文禄5年(1596)7月9日、震災により、鶴岡八幡宮の神殿、宝物殿、神器、記録など大半が地中に没した。このため、もともとあった北条鳥縄地区から現在地に... 続きを読む

文禄4年の地震

image

文禄4年(1595)7月、震災のため、周桑郡北条村(現壬生川町)にあった鶴岡八幡神社の社殿が悉く陥没した。(「伊予温故録(鶴岡八幡神社記録)」による)... 続きを読む

昭和3年の風水害

昭和3年(1928)、風水害により各所で家屋の倒壊があった。(「田野村誌」等による) 続きを読む

文禄4年の地震

image

文禄4年(1595)7月、地震のため、周桑郡北条村字五反地にあった鶴岡八幡神社の社殿が悉く陥没した。このため、村人は今の地(壬生川町)に再建した。(「... 続きを読む