宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
愛媛県鬼北町(広見町)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、M8.4の大地震により、室戸で1.5m隆起し、高知市で2m沈下した。震害は東海道、紀伊半島がひどかった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
広見町誌編さん委員会編「広見町誌」(広見町、1985年)、41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 地盤隆起・地盤沈下
NO.
愛媛1304

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、推定M8.4の大地震が起こった。被害は東海道、伊勢湾、紀伊半島が最もひどく、土佐では津波による被害が甚大であった。この... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、東海道から南海道で大地震と津波が起こった。多賀村の人への被害は不明であるが、新田地区の地盤沈下のため堤防の決壊は大被害... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月、南海の大地震が起こった。地震は大きくなく、家屋等の被害は割合に少なかったが、海岸線の地盤沈下が70~80cmとひどかった... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)、M8.4の地震により、室戸半島は隆起し、高知平野は沈下した。 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、安政南海地震。四国、紀伊半島、大阪湾で大被害。高知県で男96人、女276人の計372人の死者。室戸岬1.2m隆起、甲浦... 続きを読む