享保9年の干ばつ

災害年月日
1724年06月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
享保9年(1724)5月、6月、旱す。道前郡のうち200町余が植え付けできず、道後八幡で両度雨乞いを仰せ付けられ、降雨があった。(「松山叢談(御先祖由来記)」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
道後八幡は伊佐爾波(いさにわ)神社である。
参考画像
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、27頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 道後八幡 雨乞い 松山叢談 御先祖由来記
NO.
愛媛1440

よく似た災害

享保9年の日照り

image

享保9年(1724)5月、6月は日照りのため、道前五郡のうち200町歩余は植え付けができずに、味酒明神(阿沼美神社)と道後八幡(伊佐爾波神社)に二度の... 続きを読む

安政2年の干ばつ

安政2年(1855)6月、大干ばつのため郡代尻役所より雨乞いをするよう仰せ付けられる。(「敷太家記録」による) 続きを読む

享保9年の干ばつ

享保9年(1724)、干ばつにつき、宇和島藩領で雨乞いが仰せつけられた。 続きを読む

享保7年の大風雨

享保7年(1722)6月23日~24日、松山を中心に大風雨が襲来したため、大きな被害が出た。被害は田の川成・砂入・汐入・水押3,263町余、流家307... 続きを読む

享保7年6月の洪水

享保7年(1722)6月23日、24日、洪水により、損害は堤切れ15,366間、田の川成・砂入など3,262町2反余、百姓家流307軒、潰家1,171... 続きを読む