安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日、大地震があり、松山地方ではさほどではなかったものの、3日後の11月7日に道後温泉の湯が止まった。途方に暮れる道後の街は悲惨その極地に達しが、結局宝永4年(1707)の地震の時と同じく、年明けて2月末日に再び湧出した。その間は、川水を沸かして風呂に入るという笑いもできぬ風景となった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
牧野竜夫「湯祈祷記ー道後温泉震災の記録ー」(牧野竜夫編「伊豫史談 第188号」伊豫史談会、1968年、所収)、35-36頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
安政地震 道後温泉
NO.
愛媛1475

よく似た災害

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、M8.4の地震により、松山城、大洲城が破損。道後温泉も止まり、翌年2月23日から再び湧き出す。 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、松山で大地震、道後村温泉止まる。翌年2月末から温泉は旧のごとく湧出した。 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震があり、特に伊勢、紀伊、土佐、阿波国等太平洋岸では異常な高汐が押し寄せ、海岸地方の被害は特に激甚であった。この時、... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、津島町では7ツ半(午後3時)から暮6ツ(午後6時)前まで、地大いに震い、津波数を知らず。7日4ツ時(午前10時)また大... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、津島町では7ツ半(午後3時)から暮6ツ(午後6時)前まで、地大いに震い、津波数を知らず。7日4ツ時(午前10時)また大... 続きを読む