享保3年の水論

災害年月日
1718年08月00日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
渇水  
概要
享保3年(1718)7月、今治領国分村と上流の松山領登畑村の間で登畑村の井堰をめぐり水論が発生した。(「今治拾遺」、「国府叢書」による)(伊予の水論〔水争い〕年表)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
門田恭一郎「伊予における水論について(上)」(高須賀康生編「伊豫史談 第317号」伊豫史談会、2000年、所収)、31頁及び33頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水論 頓田川 国分村 登畑村 今治拾遺
NO.
愛媛1487

よく似た災害

享保5年の水論

享保5年(1720)、今治領国分村と松山領登畑村で水論。(「今治拾遺」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

享保9年の水論

享保9年(1724)6月、宇和川の名本井手をめぐり、大江村と真土村で水論が起こった。 続きを読む

享保5年の水論

享保5年(1720)、朝倉上村と朝倉下村で水論。(「今治拾遺」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

天明5年の水論

image

天明5年(1785)、菖蒲堰の分水をめぐり、北方村と樋口外4ヶ村で水論が起こった。(東温市の水利年表) 続きを読む

天明8年の水論

image

天明8年(1788)、菖蒲堰の分水をめぐり、北方村と樋口外4ヶ村で水論が起こった。(東温市の水利年表) 続きを読む