文化6年の干ばつ

災害年月日
1809年08月07日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
渇水  
概要
文化6年(1809)6月26日、干ばつのため、宇和島領平地村の竹之窪井堰で、新谷領阿蔵村と大洲領大洲村との間に水論が起こった。阿蔵村は慣例にしたがい上流の平地村に申し入れ、竹之窪井堰の水脈をあけたが、大洲方がせき止めたため水が途絶えた。このため、両者は口論となり、阿蔵方に非ありと処分された。これに対して、阿蔵方は事件の再審を願い出た。結局、紛争が解決したのは、翌文化7年10月30日であった。大洲・新谷両藩は、紛争の禍根を断つため替地を幕府に願い出て、文化9年に認可された。
地理院地図
Googleマップ
備考
大洲市の圓満寺前に竹之窪水騒動碑がある。
参考画像
参考文献
門田恭一郎「伊予における水論について(下)」(高須賀康生編「伊豫史談 第318号」伊豫史談会、2000年、所収)、40-41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 竹之窪水論 阿蔵村 大洲村
NO.
愛媛1560

よく似た災害

文化6年の干ばつ

image

文化6年(1809)6月26日、干ばつのため、新谷領阿蔵村と大洲領大洲村との間に竹之窪水論が起こった。阿蔵村は慣例に従い、上流の平地村に対して竹之窪井... 続きを読む

文化6年の干ばつ

image

文化6年(1809)、干ばつのため、新谷領阿蔵村と大洲領大洲村との間に竹之窪水論が起こった。阿蔵村は慣例に従い、上流の平地村に対して竹之窪井関の水脈を... 続きを読む

文化6年の水論

image

文化6年(1809)、大洲領大洲村竹之窪と新谷領阿蔵村の間で水論。(「愛媛県農業史」、「大洲市誌」等による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

文化6年の干ばつ

image

文化6年(1809)6月28日、干ばつ、竹之窪水論。(大洲領の災害) 続きを読む

正徳2年の干ばつ

正徳2年(1712)、旱天のため、下井堰の農民から中井堰の配分について問題が提起されたが、「先規」に基づき普請奉行により下井側の要求は拒否された。下井... 続きを読む