享和3年の水論

災害年月日
1803年00月00日
市町村
愛媛県宇和島市(三間町)
災害種類
渇水  
概要
享和3年(1803)、小沢川村と波岡村の間で水論が起こったが、小沢川下井手から波岡一の井手へ5分(半分)宛分水することで一応落着した。しかし、その後も争いは続き、明治18年(1885)の大審院の判決で、ようやく決着した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
門田恭一郎「伊予における水論について(下)」(高須賀康生編「伊豫史談 第318号」伊豫史談会、2000年、所収)、43頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水論 小沢川村 波岡村 三間町誌
NO.
愛媛1562

よく似た災害

享和3年の水論

享和3年(1803)、吉田領小沢川村と波岡村で水論。(「三間町誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

文政3年の水論

image

文政3年(1820)夏、干ばつのため、一ノ谷池の水の配分をめぐって江藤と本村の争いが生じた。双方の言い分はかみ合わず、対立が深まったが、最終的に大庄屋... 続きを読む

元禄17年の水論

元禄17年(1704)、宇和川の名本井手をめぐり、大江村と真土村で水論が起こった。大江村は名本井手に水門をつけて井手水を取水できるようにすることを要求... 続きを読む

寛政3年の水論

寛政3年(1791)夏、日照り続きで、7月6日には干ばつの被害を受けた成合村の百姓と鹿角村の百姓との間で水論が起こり、激しい水喧嘩となった。新水戸にあ... 続きを読む

享保9年の干ばつ

享保9年(1724)、大干ばつに見舞われ、重信川左岸で上麻生村(大洲領)・下麻生村(新谷領)の両村と下流に位置する徳丸村・出作村・南神崎村・上野村(松... 続きを読む