明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
愛媛県新居浜市(別子山村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治32年(1899)8月28日、東予地方に暴風雨が襲来し、千余人の犠牲者を出した。この記録には、当時神戸新聞の記者であった江見忠功が現地から報告した「別子銅山変災視察録」第7報~第10報が記されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
足谷川流域の見花谷・両見谷・風呂屋谷等では山崩れが発生した。新居浜市の瑞応寺には別子銅山遭難流亡者碑が建立されている。
参考画像

参考文献
新居浜郷土史談会「別子銅山大水害の記録(下)-神戸新聞記者の現地報告-」(新居浜郷土史談会編集部編「郷土史談 第100号」新居浜郷土史談会、1983年)、32-48頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 死者 江見忠功 別子銅山変災視察録
NO.
愛媛1567

よく似た災害

明治32年の台風

image

明治32年(1899)8月28日、東予地方に暴風雨が襲来し、千余人の犠牲者を出した。この記録には、当時神戸新聞の記者であった江見忠功が現地から報告した... 続きを読む

平成26年の台風12号・11号による地すべり災害

平成26年(2014)8月1日~7日、台風12号により、高知県内で地すべり20件、がけ崩れ131件が発生した。地すべりは大豊町で19件、高知市で1件と... 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、雨台風。中心が宇和島付近から東北東に通過し、本県中西部の各河川が増水し、被害甚大であった。特に本村の被害は未曾有の大... 続きを読む

明治38年の台風

明治38年(1905)8月16日、台風が天草から別府を通り、17日朝呉に進んだ。16日の雨量は梼原357ミリ、窪川247ミリ、中村196ミリであった。... 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、台風が宇和島付近から東北東に通過したため、本県中西部の各河川が増水し、被害は甚大であった。十和村では、十川橋が橋桁ま... 続きを読む