明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
愛媛県新居浜市(別子山村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治32年(1899)8月28日、別子を直撃した暴風による大雨は、工場等の施設・人員に未曾有の大災害を蒙らせ、別子鉱業所の新居浜移転を加速させる原因となった。「住友別子鉱山史」には、同日の降水量325ミリ余のほとんどが集中豪雨となって降り注ぎ、山津波となって人命や家屋、財産を飲み込んだことが記されている。特に見花谷の社宅では、死者370人を出し、そのうち128人が土砂に埋まったり、銅山川に流されて行方不明になったという。
地理院地図
Googleマップ
備考
足谷川流域の見花谷・両見谷・風呂屋谷等では山崩れが発生した。新居浜市の瑞応寺には別子銅山遭難流亡者碑が建立されている。
参考画像

参考文献
二ノ宮馨「別子風水害を考える」(山村研究会編「山村文化 第8号」山村研究会、1997年、所収)、18-25頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 住友別子鉱山史 山津波 死者
NO.
愛媛1587

よく似た災害

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、雨台風。中心が宇和島付近から東北東に通過し、本県中西部の各河川が増水し、被害甚大であった。特に本村の被害は未曾有の大... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震が発生した。新宇佐町が特に大きい被害を受け、押し寄せた津波は宇佐の全地区を飲み込み、町全体が海原と化した... 続きを読む

明治33年の洪水

明治33年(1900)7月、吉野川洪水。学島村の記録には、洪水による被災者を救済したことが記されている。 続きを読む

安政元年の土砂災害

安政元年(1854)11月5日、南海地震により、別子鉱山の坑内で大湧水となり、採鉱に支障をきたした。(「住友別子鉱山史上巻」による) 続きを読む

明治38年8月の台風

明治38年(1905)8月15日午後から、台風に伴い雨が降り出し、17日朝までに県境で200~300ミリ、特に梼原では380ミリになった。中村町資料に... 続きを読む