昭和42年の干ばつ

災害年月日
1967年07月00日
市町村
愛媛県南予地方
災害種類
渇水  
概要
昭和42年(1967)7月~10月、南予地方は干ばつのため、180の水道用水施設のうち148施設(83%)が断水となり、農作物の被害額は125億円にのぼった。この年の干ばつを契機に南予用水事業が行われるようになり、平成元年(1989)に野村ダムからの通水が開始された。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
川井又一郎著「水を求めて20年」(中国四国農政局南予農業水利事業所、1990年)、6-7頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 南予用水事業 野村ダム
NO.
愛媛1674

よく似た災害

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、大干ばつ。この年の干ばつを契機に、平田平七は同年12月に宝池の増築に着手し、翌年5月に竣工した。 続きを読む

文化3年の干ばつ

文化3年(1806)、吉野川北岸でひどい干ばつに見舞われた。この干ばつを契機に、芝生村庄屋助役の山本新太夫らは河内谷から水を引く三村用水を完成させた。... 続きを読む

元禄3年の干ばつ

image

元禄3年(1690)、大干ばつに見舞われた。勝田池は底を見せ、田は干割れした。この干ばつを契機に、翌4年には勝田池の増築が開始され、元禄8年に完成した... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、大干ばつのため、7月半には県下で約2,000町歩の水稲が枯れた。7月23日には藤岡長敏知事が祭主となり滝宮天満宮で、8月1日に... 続きを読む

大正15年の干ばつ

大正15年(1926)、大干ばつ。大正13年度に引き続いての干ばつで、各地で水源地の掘り下げが行われ、動力で揚水。 続きを読む