昭和35年のチリ地震津波

災害年月日
1960年05月24日
市町村
愛媛県愛南町(御荘町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和35年(1960)5月24日、チリ地震による津波で、御荘港の最も深いところにある成碆海岸では既往の最高潮位を突破して3.9mを観測した。このため、潮は海岸堤防を溢流、あるいは退潮時に砂の吸い出しを受け、短時間に多回数の潮の打ち上げによって堤防が決壊した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛媛県土木部編「土木十年史」(愛媛県、1962年)、257頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
チリ地震 津波 御荘港 成碆海岸 堤防決壊
NO.
愛媛1705

よく似た災害

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月22日にチリで発生した地震による津波が、24日午前6時半頃から御荘湾沿岸を襲った。10分ごとに高さ2mの津波が押し寄せ、真珠... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月23日4時11分(日本時間)、M9.5のチリ地震が発生し、津波は約1日かけて日本などを襲った。県内で最初の海面上昇は小松島の... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

image

昭和35年(1960)5月24日、チリ地震津波が襲来した。日本時間の23日午前4時10分に南米チリ沖で発生したM8.75の大地震に伴う津波が、ほぼ1日... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月24日早朝、南米チリ中部沖で起こった大地震による大津波が押し寄せ、特に東北、北海道で大被害があった。本県では小松島に4時10... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月24日早朝、南米チリ中部沖で起こった大地震による大津波が押し寄せ、特に東北、北海道で大被害があった。本県では小松島に4時10... 続きを読む