明治32年の水論

災害年月日
1899年00月00日
市町村
愛媛県東温市
災害種類
渇水  
概要
明治32年(1899)、裏田堰分水について、西岡と志津川で水論。(東温市の水利年表)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
東温市地域調査委員会編「東温市の風土と人々のくらし」(東温市地域調査委員会、2009年)、158頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水論 裏田堰 西岡 志津川
NO.
愛媛1747

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつのため、見奈良と畑川、樋口と志津川・西岡、北野田と高井で水論。(東温市の水利年表) 続きを読む

明治9年の水論

image

明治9年(1876)、菖蒲堰の大落水をめぐり、北方村と樋口・志津川・西岡の3ヶ村で水論があり、双方に負傷者が出た。愛媛県の仲裁を仰いだ。(東温市の水利... 続きを読む

天明5年の水論

image

天明5年(1785)、菖蒲堰の分水をめぐり、北方村と樋口外4ヶ村で水論が起こった。(東温市の水利年表) 続きを読む

天明8年の水論

image

天明8年(1788)、菖蒲堰の分水をめぐり、北方村と樋口外4ヶ村で水論が起こった。(東温市の水利年表) 続きを読む

元文4年の水論

image

元文4年(1739)、菖蒲堰の分水をめぐって、樋口外4ヶ村と北方村で水論があったが、分水率は明確に決まらなかった。(東温市の水利年表) 続きを読む