明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治32年(1899)8月28日、暴風雨により、宇摩・新居郡は多大の被害を受けた。特に宇摩郡別子山村では足谷川流域の見花谷・両見谷・小足谷等で山崩れが発生し、死者1,000余人、家屋の埋没等500戸以上に及ぶ惨状を呈した。また、新居郡では加茂川が氾濫したほか、国領川の堤防が決壊して大洪水となった。この暴風雨は明治期の愛媛県における災害の中では最大の人的被害を記録した。翌9月上旬、天皇・皇后両陛下より救恤金1,600円が下賜された。
地理院地図
Googleマップ
備考
谷川流域の見花谷・両見谷等では山崩れが発生した。新居浜市の瑞応寺には別子銅山遭難流亡者碑が建立されている。
参考画像

参考文献
愛媛県警察史編さん委員会編「愛媛県警察史 第1巻」(愛媛県警察本部、1973年)、735-737頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 足谷川 山崩れ 加茂川 国領川
NO.
愛媛1753

よく似た災害

明治32年の台風

image

明治32年(1899)8月28日、四国地方に暴風雨が襲来した。東予地方では、28日午前9時頃から雨が降り出し、午後7時頃には東風が北風に変わると、風雨... 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日午後3時頃より降雨、4時頃南風が起こり、5時頃北風となって暴風雨に変じ、6時頃西風になり、7時頃止んだ。この暴風雨は強... 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日午後3時頃より降雨、4時頃南風が起こり、5時頃北風となって暴風雨に変じ、6時頃西風になり、7時頃止んだ。この暴風雨は強... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)7月8日、9日の暴風雨(雨量362ミリ、風速22.1m)、8月28日の暴風雨(雨量122ミリ、風速32m)、9月8日の暴風雨(雨... 続きを読む

明治40年5月の台風

明治40年(1907)5月、暴風雨あり、被害多し。(「新居郡誌」による) 続きを読む