大正13年の干ばつ

災害年月日
1924年00月00日
市町村
愛媛県四国中央市(川之江市)
災害種類
渇水  
概要
大正13年(1924)、大干ばつのため、金田・上分両地区の水が枯れ上がり、せっかく育てた稲も枯死寸前に陥った。涼川の源泉も枯れ始め、下流にまで流れることがほとんどなくなった。金田側と上分側の間に水争いが起こったため、宇摩郡長と三島警察署長が調停を行った。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
愛媛県土地改良事業団体連合会編「愛媛の土地改良史」(愛媛県、1986年)、536-537頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 金田 上分 涼川 水争い
NO.
愛媛1823

よく似た災害

大正3年の干ばつ

大正3年(1914)8月、55日間雨なし、山林樹木も枯れる。 続きを読む

大正3年の水論

大正3年(1914)8月、炭所西片岡の土器川に築かれた薬師堰からの分水をめぐり、長尾側と岡田側の間に紛争が起こった。長尾側は薬師出水の暗渠の出口から水... 続きを読む

延宝2年の水争い

延宝2年(1674)、妻鳥村民と上分村民の間に水争いがあり、流血の惨事となった。(「上分史」による) 続きを読む

明治15年の水論

明治15年(1882)8月10日、炭所西片岡の土器川に築かれた薬師堰からの分水をめぐり、長尾側と岡田側の間に紛争が起こった。これは、薬師堰の分水後の水... 続きを読む

大正元年・2年の干ばつ

大正元年(1912)、2年(1913)、大干害。植え付けできず作物も枯れて大凶作。 続きを読む