大正3年の干ばつ

災害年月日
1914年00月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
大正3年(1914)、大干ばつのため、石手川では特定の井堰から時間を限って集中的に取水する大寄せ水が行われた。すなわち、一ノ井手・草葉両堰で34時間、寺井堰で51時間、徳力・小坂・斉院樋の3堰で25時間、中村・立花・佐古3堰で10時間の配分で、120時間(5日間)を一周期として実施された。(「ふるさと素鵞」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
愛媛県土地改良事業団体連合会編「愛媛の土地改良史」(愛媛県、1986年)、538頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 石手川 大寄せ水 ふるさと素鵞
NO.
愛媛1824

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつのため、石手川では特定の井堰から時間を限って集中的に取水する大寄せ水が行われた。すなわち、一ノ井手・草葉両堰で34時間、... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、大干ばつのため、石手川では特定の井堰から時間を限って集中的に取水する大寄せ水が行われた。すなわち、一ノ井手・草葉両堰で34時間... 続きを読む

正徳2年の干ばつ

正徳2年(1712)、旱天のため、下井堰の農民から中井堰の配分について問題が提起されたが、「先規」に基づき普請奉行により下井側の要求は拒否された。下井... 続きを読む

享保8年の水争い

享保8年(1723)5月5日、下井堰の農民が中井堰を切り取り、主謀者が検挙される事件が起こった。下井堰は中井堰の下流に建設された堰で、もともと水がかり... 続きを読む

文化6年の干ばつ

image

文化6年(1809)6月26日、干ばつのため、宇和島領平地村の竹之窪井堰で、新谷領阿蔵村と大洲領大洲村との間に水論が起こった。阿蔵村は慣例にしたがい上... 続きを読む