明治6年の干ばつ

災害年月日
1873年00月00日
市町村
愛媛県今治市(朝倉村)
災害種類
渇水  
概要
明治6年(1873)、記録的な大干ばつのため、多伎神社では4度の雨乞い祈祷を執行した。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
愛媛県土地改良事業団体連合会編「愛媛の土地改良史」(愛媛県、1986年)、559頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 多伎神社 雨乞い
NO.
愛媛1829

よく似た災害

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)5月初めから照り出し、15日に田の植え付け5分通り終わり、あとは降雨待ちとなる。18日辰の刻から大川神社で郡の雨乞い祈願を行う。天... 続きを読む

天保15年の干ばつ

天保15年(1844)、日照りが続くので、大庄屋が神社に雨乞い祈祷を依頼した。(「天保十五年辰御用日記」による) 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)、干ばつにより、村民は雨乞いのため神社で祈祷した。 続きを読む

元禄12年の干ばつ

元禄12年(1699)6月、大干ばつ、雨乞い祈祷をする。(神恵院蔵の「弘化録」及び「讃岐大日記」による) 続きを読む

天明5年の干ばつ

天明5年(1785)5月~7月、雨が極めて少なかった。各地で潤雨御祈祷を実施した(宇和島領)。風早郡では稲の植え付け不能の水田もあった。所々で雨乞い祈... 続きを読む