明治32年の豪雨

災害年月日
1899年08月28日
市町村
愛媛県新居浜市(別子山村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治32年(1899)8月28日、豪雨により、別子山で山津波が起こり、600人近くの生霊が奪われ、200年の伝統を誇った上部溶鉱炉と、硫酸銅工場及び坑水収銅場等の設備が破壊された。この稿には、別子銅山での筆者の災害体験が記されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
足谷川流域の見花谷・両見谷・風呂屋谷等では山崩れが発生した。新居浜市の瑞応寺には別子銅山遭難流亡者碑が建立されている。
参考画像

参考文献
村上八郎「ああ悲惨であった別子山の水禍(1)」(益友編集委員会編「益友 第7巻第64号」益友会、1960年、所収)、23-27頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
豪雨 山津波 死者 別子銅山 災害体験記
NO.
愛媛1831

よく似た災害

明治25年の洪水

image

明治25年(1892)7月23日、大洪水により、山田堰の堰体及び水越が破壊された。(「山田堰」による) 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により、東予地方の山間部では豪雨となり、宇摩、新居郡、特に別子銅山では大規模な山崩れが続出し、死者512人、家屋... 続きを読む

昭和45年6月の集中豪雨

昭和45年(1970)6月2日、集中豪雨により町道、橋が破壊される。 続きを読む

昭和45年8月の集中豪雨

昭和45年(1970)8月3日、集中豪雨により町道、橋が破壊される。 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)秋、暴風雨のため、人家が破壊され、農作物に被害があった。 続きを読む