昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月20日
市町村
愛媛県四国中央市(川之江市)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月、南海の大地震が起こった。地震は大きくなく、家屋等の被害は割合に少なかったが、海岸線の地盤沈下が70~80cmとひどかった。川之江では東町がひどく、風波の高い時には道路だけではなく、鉄道線路まで浸水し汽車が不通になることもあった。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では昭和21年11月となっているが、昭和21年12月に修正した。
参考文献
井川隆重著「川之江のできごと」(川之江文化協会、1980年)、188-189頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下
NO.
愛媛1834

よく似た災害

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分、南海道沖地震が起こった。地震による被害は宿毛の町が大きかったが、津波による被害は大島や片島で大きかっ... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の大地震により、室戸で1.5m隆起し、高知市で2m沈下した。震害は東海道、紀伊半島がひどかった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、地震が起こり、津波が襲来した。この津波では中新田から片島の鷲州橋間の道路コンクリート舗装が浮き上がった程度で、総曲... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)の南海地震で、阿南市の女性が必ず津波が来ると思い、近所の高い家に避難した。それは、この家に嫁ぐ時に父から地震があった時には必ず津... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)の南海地震で、阿南市の女性が必ず津波が来ると思い、近所の高い家に避難した。それは、この家に嫁ぐ時に父から地震があった時には必ず津... 続きを読む