平成13年の洪水

災害年月日
2001年06月20日
市町村
愛媛県重信川流域
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成13年(2001)6月20日、梅雨前線により、基準地点出合で戦後最大の洪水を記録した。また、土石流の発生で死者1人、施設被害多数となった。(重信川の主な水の歴史による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院編「川と人との歴史ものがたり」(国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院、2003年)、105頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 梅雨前線 土石流 死者 重信川
NO.
愛媛1915

よく似た災害

平成11年の台風16号

平成11年(1999)9月15日、台風16号による記録的な集中豪雨により、表川流域で土石流が発生し、家屋倒壊などの被害が出た。(重信川の主な水の歴史に... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月30日夜から8月2日にかけて、台風10号により、徳島県は記録的な豪雨となった。那賀川上流の海川雨量観測所では日雨量1,317... 続きを読む

宝永4年の洪水

宝永4年(1707)8月18日、死者1人、損壊家屋1,782戸。(肱川の主な水の歴史による) 続きを読む

平成11年9月の土砂災害

平成11年(1999)9月、台風16号による集中豪雨のため、重信川流域で崩壊、土石流が発生した。今後の土砂災害対策に向けて、崩壊・土石流の発生条件の設... 続きを読む

元禄15年の洪水

元禄15年(1702)7月28日、洪水により、死者2人、損壊家屋1,332戸。(肱川の主な水の歴史による) 続きを読む