安政元年の土砂災害

災害年月日
1854年12月24日
市町村
愛媛県新居浜市(別子山村)
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日、南海地震により、別子鉱山の坑内で大湧水となり、採鉱に支障をきたした。(「住友別子鉱山史上巻」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、9頁及び17頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
土砂災害 安政南海地震 別子鉱山 湧水 住友別子鉱山史
NO.
愛媛1922

よく似た災害

昭和4年12月の濃霧

昭和4年(1929)12月17日早朝から夕方まで、濃霧が海陸を覆い、船舶の航行に支障をきたした。(気象庁「気象要覧」による) 続きを読む

明治32年の台風

image

明治32年(1899)8月28日、別子を直撃した暴風による大雨は、工場等の施設・人員に未曾有の大災害を蒙らせ、別子鉱業所の新居浜移転を加速させる原因と... 続きを読む

安政元年の土砂災害

安政元年(1854)11月5日、南海地震により、西祖谷山村の国見山嶺約10町(10ha)が破裂崩壊した。また、善徳の山腹でも崩壊が発生した。 続きを読む

昭和29年の台風15号

昭和29年(1954)9月26日、台風15号により、風速27.7m/秒、雨量105ミリを記録。風力が強く、高潮による被害が重なり、近来稀にみる大災害と... 続きを読む

昭和40年の洪水

昭和40年(1965)の大洪水(流岡町の中西方裏より)。中原地区と流岡町丸中、丸山地区の間は大雨の度に、田畑の冠水及び児童の通学にも支障をきたした。(... 続きを読む