寛延元年の干ばつ・台風

災害年月日
1748年06月29日
市町村
香川県仲多度郡
災害種類
風水害  渇水  
概要
寛延元年(1748)6月4日、大風雨の後、7月下旬まで一滴の降雨もなく、田んぼに亀裂が生じ、稲や粟は既に枯死する有様であった。7月21日~22日に大風洪水が来て、川はあふれ、山は崩れ、平地は一面の海と化し、人畜の溺れるものが甚だ多かった。9月2日と16日にも大風洪水があり、農作物を収穫するものなく、人々は困窮した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
香川県仲多度郡編「仲多度郡史」(臨川書店、1918年)、154頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 台風 洪水
NO.
香川163

よく似た災害

寛延元年7月の洪水

寛延元年(1748)7月21日から22日にかけて大風、洪水があり、川は氾濫し、山は崩れ、平地一面は海と化し、人畜の溺死多数にのぼった。 続きを読む

寛延元年の洪水

寛延元年(1748)9月2日、大風洪水。9月16日、大風雨洪水。 続きを読む

寛延元年9月の洪水

寛延元年(1748)9月2日~16日、大風洪水。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月28日から8月29日まで、干ばつのため、飲料水が欠乏し、農作物の枯死するものが多かった。 続きを読む

慶長9年の台風

慶長9年(1604)7月12日、大風洪水。8月4日、大風洪水。閏8月28日、大風洪水。この年、大風洪水が3度あった。 続きを読む