寛永20年の干ばつ

災害年月日
1643年00月00日
市町村
香川県観音寺市
災害種類
渇水  
概要
寛永20年(1643)、日照りが続き、大飢饉となる。死者が多く出る。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
観音寺の姿編集委員会・観音寺市教育委員会編「観音寺のすがた」(観音寺の姿編集委員会・観音寺市教育委員会、2007年)、118頁及び123頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 飢饉 死者
NO.
香川306

よく似た災害

寛永3年の干ばつ

寛永3年(1626)、日照りが続き、大飢饉となる。死者が多く出る。 続きを読む

寛永3年の干ばつ

寛永3年(1626)、日照りが続き、大飢饉となった。死者が多く出た。(豊田台地の開発にかかわる年表) 続きを読む

寛永20年の干ばつ

寛永20年(1643)、日照りが続き、大飢饉となった。死者が多く出た。(豊田台地の開発にかかわる年表) 続きを読む

寛永3年の干ばつ

寛永3年(1626)4月7日大雨風、その後95日間日照りが続き、飢え死にする人が多く出た。 続きを読む

寛永15年の干ばつ

寛永15年(1638)夏、干ばつ。秋、大飢饉となる。(「庄屋記録」、「讃岐国大日記」、「高松藩記」による) 続きを読む