宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、東海沖及び南海沖の海域の連動型巨大地震となって起きた宝永地震は関東地方から九州までの沿岸に大きな津波被害をもたらした。奥宮正明の「谷陵記」には、土佐国の海岸にある208箇所の集落について津波による被害状況が記録されている。この研究では、「谷陵記」及び高知県の寺社被害史料をもとにデータベース化を行うとともに、現地での測量作業等を行い、宝永地震津波による高知県での浸水状況を考察している。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
都司嘉宣・今井健太郎・村上嘉謙「『谷陵記』の記載、および寺社被害史料からみた宝永地震津波(1707)による高知県での浸水状況」(歴史地震研究会編「歴史地震No.28」、2013年)、166頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
宝永地震 津波 谷陵記
NO.
高知5473

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)、わが国最大級の地震が発生した。本研究では、宝永地震津波による土佐国沿岸の村落の被災状況を記述した「谷陵記」をもとに、津波によって... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起き、津波が襲来した。この論文では、宝永地震・津波に関する碑として、宝永津波溺死之塚(須崎市)が紹介されている。... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起き、津波が襲来した。この論文では、宝永地震・津波に関する碑として、宝永津波溺死之塚(須崎市)が紹介されている。... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.6の地震による大津波が四国沿岸域に壊滅的な被害をもたらした。谷陵記によると、宝永地震津波による高知県の死者は、種... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.6の地震による大津波が四国沿岸域に壊滅的な被害をもたらした。宝永地震津波による徳島県の死者は、宍喰16人、浅川1... 続きを読む