宝永地震による津波

災害年月日
1707年00月00日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)の地震により、八幡神社(新浜本町2丁目)の馬場まで潮が来た。(「嘉永七年大地震之記」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島市津田コミュニティ協議会、津田公民館編「津田の歴史・史跡めぐり」(徳島市津田コミュニティ協議会、2012年)、11頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
宝永地震 津波 八幡神社 嘉永七年大地震之記
NO.
徳島7418

よく似た災害

宝永4年の地震による五剣山の崩壊

image

宝永4年(1707)10月4日、M8.5の地震により、伊豆半島から九州沿岸まで津波被害。香川五剣山の一峰が崩落。 続きを読む

宝永4年の宝永地震による加奈木崩壊

image

宝永4年(1707)の地震時に、室戸市の佐喜浜川の源頭部で岩屑流が発生し、その後延享3年(1746)に土石流が発生したと推定されている。この研究では、... 続きを読む

宝永4年の地震による五剣山の崩壊

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震により、五剣山の一峰崩壊。 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日午前10時頃より大地震、11時頃におさまった。大地は一面に割れ、家や木は乱れ崩れ、高山から大石が落ちて重なった。正午頃、... 続きを読む

宝永4年の地震による加奈木崩れ

image

宝永4年(1707)、地震により、加奈木崩れが発生した。加奈木の崩えでは岩盤クリープの地形的特徴である線状凹地や山向きの低崖が見られる。この研究では、... 続きを読む