昭和62年7月の集中豪雨

災害年月日
1987年07月14日
市町村
高知県大豊町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和62年(1987)7月14日夜から15日未明にかけて、台風5号による集中豪雨のため、県内の中央山間部で大雨が続いた。夜に入って雨脚はますます激しさを増し、特に阿波池田と本町大杉間の雨勢は強く、午後8時からの時間雨量がJR大田口駅で90ミリを記録した。この豪雨で、本町寺内の民家の裏山が崩壊し一人が生き埋めになるなど、町内では土砂崩れや山崩れが相次いだ。16日には215箇所にがけ崩れなどの被害が出た。同日、トウジ山に崩壊の恐れがあり、付近の住民13世帯45人が避難した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大豊町史編纂委員会編「大豊町史 現代編」(大豊町教育委員会、2014年)、367頁及び371頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 集中豪雨 土砂災害 死者 トウジ山
NO.
高知5504

よく似た災害

昭和42年7月の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日、集中豪雨があり、山崩れで岡村では12人が生き埋めとなり、うち6人が死亡した。また、大下でも3人の死者を出した。 続きを読む

昭和47年の繁藤豪雨

image

昭和47年(1972)7月5日早朝、集中豪雨により、土佐山田町繁藤の通称追廻山(おいまわしやま)で山崩れが発生した。家屋の土砂排除などの作業中に、6時... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月11日、台風による豪雨のため、木頭村久井谷の新九郎山(標高1,635m)が崩壊し、平では土石流により6人が生き埋めになる惨事... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)9月14日から降り始めた大雨は15日にひどくなり、高知市では15日午後6時からの1時間雨量は92ミリに達した。集中豪雨に見舞われ... 続きを読む

昭和47年の繁藤災害

image

昭和47年(1972)7月5日、土佐山田町繁藤で集中豪雨により山崩れが発生し、救援作業中の消防団員ら60人が生き埋めの惨事となった。崩土量10万立米、... 続きを読む