平成2年8月のトウジ山崩壊の危険

災害年月日
1990年08月22日
市町村
高知県大豊町
災害種類
土砂災害  
概要
平成2年(1990)8月22日、トウジ山崩壊の危険により、岩原の8世帯25人が自主避難した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大豊町史編纂委員会編「大豊町史 現代編」(大豊町教育委員会、2014年)、367頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
トウジ山 土砂災害 岩原 自主避難
NO.
高知5505

よく似た災害

平成16年の台風21号

平成16年(2004)9月29日、台風21号により、井川町の新町地区で土石流が発生し、25世帯45人が自主避難した。 続きを読む

貞享4年のトウジ山崩壊

image

貞享4年(1687)頃、大豊町岩原のトウジ山で斜面崩壊が発生した。(「大豊町史近代現代編」等による) 続きを読む

平成5年の台風13号

平成5年(1993)9月3日~4日、台風13号により、降雨量は祖谷口で93ミリ、上名で108ミリに達し、被害は公共土木施設6箇所831万円余、学校施設... 続きを読む

慶応2年のトウジ山の土石流

image

慶応2年(1866)、集中豪雨により、大豊町岩原のトウジ山で土石流が発生した。(「大豊町史近代現代編」等による) 続きを読む

昭和53年のトウジ山の地すべり

image

昭和53年(1978)、大豊町岩原のトウジ山で東側のブロック(A-2ブロック)の雑木林にクラックが認められ、一部が徐々に斜面上を滑動した。(「大豊町史... 続きを読む