平成4年8月の台風10号

災害年月日
1992年08月08日
市町村
高知県大豊町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成4年(1992)8月8日、台風10号の影響により、大久保の徳島県境付近で道路脇の斜面が崩壊した。15日には、早朝の強い雨のため、大久保の国道32号の路面に泥水が流出して再び土石流の恐れが発生した。18日には、土石流のため、大久保の国道32号が全面通行止めとなった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大豊町史編纂委員会編「大豊町史 現代編」(大豊町教育委員会、2014年)、368頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 土砂災害 大久保 国道32号 通行止め
NO.
高知5508

よく似た災害

昭和47年6月の豪雨

昭和47年(1972)6月27日、梅雨前線による豪雨のため、松山市久谷町大久保の国道33号で路肩崩壊が起こった。 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)8月1日、大豊町大久保の国道32号の路側擁壁が崩壊した。崩壊が発生したと推測される時間までの連続降雨量は400ミリを越えており、... 続きを読む

平成16年の台風23号

平成16年(2004)10月20日、台風23号による降雨のため、財田町財田上字滝倉の国道32号で斜面が崩壊し、土石流が発生した。また、20日16時40... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月30日夜から8月2日にかけて、台風10号により、徳島県は記録的な豪雨となった。那賀川上流の海川雨量観測所では日雨量1,317... 続きを読む

平成16年の台風21号

平成16年(2004)9月29日午前9時30分頃、台風21号の影響により、助の助2号橋から約100m東側の国道195号で山腹が崩壊した。このため、迂回... 続きを読む