平成16年のJR大杉駅の火災

災害年月日
2004年01月02日
市町村
高知県大豊町
災害種類
火災  
概要
平成16年(2004)1月2日午後10時頃、中村大王のJR土讃線大杉駅から出火し、木造の駅舎約120㎡が全焼した。駅舎には火の気はなかった。たばこの火の不始末が原因ではないかとの見方もあったが、出火原因の特定には至らなかった。この火災で列車3便が最大で1時間遅れ、帰省客ら約140人に影響が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大豊町史編纂委員会編「大豊町史 現代編」(大豊町教育委員会、2014年)、380-381頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 JR大杉駅
NO.
高知5528

よく似た災害

平成19年の船戸の火災

平成19年(2007)3月1日午前3時頃、船戸で店舗兼民家から出火し、家屋2棟を全焼、隣接する民家とスーパーマーケットを部分焼した。出火箇所は店舗内の... 続きを読む

大正11年の火災

大正11年(1922)、石本で火災が発生し、8戸が焼失した。出火原因などは不明である。 続きを読む

昭和28年の火災

昭和28年(1953)10月19日早朝、落合下町から出火し、東豊永村村役場ほか12戸が全焼した。この役場の火事で、明治以来保存されてきた貴重な記録が焼... 続きを読む

明治35年の火災

明治35年(1902)11月13日、東股の東の谷から出火し、120軒が焼失した。この火災では、数十羽の白い鳥が飛んできて、火の粉をくわえては風上の方に... 続きを読む

昭和21年の火災

昭和21年(1946)4月26日午後11頃、紺屋町西側から出火し、20戸を全焼し、午前1時に鎮火した。原因はかまどの火の不始末で、損害は200万円。(... 続きを読む