嘉永2年の洪水

災害年月日
1849年00月00日
市町村
高知県日高村
災害種類
風水害  
概要
嘉永2年(1849)夏の出水により、江尻の井流が流出した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
続・日高村史編纂委員会編「続 日高村史」(日高村教育委員会、2013年)、126頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 江尻
NO.
高知5531

よく似た災害

慶応4年の洪水

慶応4年(1868)夏、出水により、江尻の井流(ゆな)が大破した。 続きを読む

慶応3年の洪水

慶応3年(1867)9月、大水により、江尻の井流(ゆな)が大破した。 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月10日、大水により、「江尻の井流(ゆな)」と呼ばれる樋門が流亡した。日高村本郷父原のお宅の床板裏面には「嘉永弐乙酉七月十日大洪... 続きを読む

嘉永6年の洪水

嘉永6年(1853)、増谷川大水により、溺死者が出て、40軒流出。(「教法寺過去帳に見る幕末の世情」による) 続きを読む

明治6年の洪水

明治6年(1873)、出水により、樋門が流出した。 続きを読む