昭和38年の台風9号

災害年月日
1963年08月09日
市町村
高知県日高村
災害種類
風水害  
概要
昭和38年(1963)8月9日より10日にわたり台風9号が来襲した。神母樋門の門扉は大音響とともに大破し、濁流は渦を巻いて逆流、たちまち国道、国鉄線路も水没し、数日間、交通が途絶えた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
続・日高村史編纂委員会編「続 日高村史」(日高村教育委員会、2013年)、127頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 神母樋門 交通途絶
NO.
高知5538

よく似た災害

昭和15年の豪雨

昭和15年(1940)7月8日早朝3時頃より、雨が激しく降り出し、大島地区全域で豪雨となった。特に大山村田之浦、泊、宮窪村宮窪では激しい集中豪雨となっ... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日より10日にかけて、台風9号が来襲した。神母樋門の門扉は大破し、逆流する水勢は国道、国鉄線路をも浸食した。 続きを読む

昭和47年の洪水

昭和47年(1972)7月5日、洪水により、物部川にかかる香我美橋(土佐山田町神母木)の橋脚が洗われ、中央部が陥没して交通が途絶した。写真1枚。 続きを読む

昭和47年の台風9号

昭和47年(1972)、台風9号のため、仁淀川上流ダムの放水と神母樋門の故障が重なって逆流し、100haが冠水した。 続きを読む

昭和20年の洪水

昭和20年(1945)10月18日、大雨により財田川、柞田川が各所で決壊し、大洪水となった。観音寺坂本地区、駅通七間橋地区では数日浸水して交通が途絶え... 続きを読む