昭和34年の台風6号

災害年月日
1959年08月08日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和34年(1959)8月8日、台風6号が足摺岬から安芸市付近を東北進した。須崎付近の損害は軽微だった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、241頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知5543

よく似た災害

昭和34年の台風6号

昭和34年(1954)8月8日、台風6号が足摺から安芸市付近を東北へ。東津野方面の雨量600ミリ、須崎付近の損害は軽微。 続きを読む

昭和34年の台風6号

昭和34年(1959)8月8日、台風6号が足摺から安芸市付近を東北に進んだ。仁淀川、渡川上流域や魚梁瀬地方などでは総雨量700ミリに達し、渡川では8日... 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、デラ台風による吉田町内の損害は軽微であった。 続きを読む

昭和43年の台風10号

昭和43年(1968)8月29日、台風10号が鹿児島県に上陸後、豊後水道を北東進した。県中・東部の山間部で雨量が600ミリに達し、県内の死者・行方不明... 続きを読む

昭和39年の台風20号

昭和39年(1964)、台風20号が来襲し、草壁、坂手の桟橋が破損したが、西村の被害は軽微であった。 続きを読む