昭和39年の台風20号

災害年月日
1964年09月24日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和39年(1964)9月24日~25日、台風20号が愛媛県西部に上陸後、県境を北東進した。須崎市では24日午後10時頃から風勢が増した。須崎市の被害は家屋の全壊20戸、半壊168戸、被害総額4億7,500万円に及び、災害救助法が適用された。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、242頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 災害救助法
NO.
高知5545

よく似た災害

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日、台風9号による大豪雨のため、大洪水が発生し、県内の死者・行方不明者が19人に及んだ。須崎市を含む県内15市町村に災害救... 続きを読む

昭和39年の台風20号

昭和39年(1964)9月25日午前1時頃、台風20号は宇和島付近に上陸し、四国山脈を斜めに通り、瀬戸内海に抜けた。須崎市では24日10時頃から風が強... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号により、須崎では午後1時から2時間で165ミリという記録的な集中豪雨に見舞われて、桜川の決壊で土崎、妙見町、... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日午前9時、台風10号は梼原町付近に進み、11時過ぎには松山市の東方を通って安芸灘に入った。県下全域に甚大な被害を受けた... 続きを読む

昭和45年の台風10号(土佐湾台風)

昭和45年(1970)8月21日午前8時過ぎ、台風10号(土佐湾台風)が幡多郡に上陸した。最大風速46mを記録し、高知地方気象台開設以来最大といわれる... 続きを読む