昭和41年8月の大雨

災害年月日
1966年08月12日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和41年(1966)8月、台風13号(12~16日)、熱帯低気圧(17~21日)、台風15号(22~25日)の連鎖によって2週間連続の大雨となった。須崎市の雨量は800~1000ミリ(8月12日~24日)に及び、角谷地区の水田5haが冠水し、床上浸水39戸、床下浸水265戸の被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、242頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 熱帯低気圧 大雨
NO.
高知5548

よく似た災害

昭和28年の台風13号

昭和28年(1953)9月25日~26日、台風13号による豪雨で、鴨部川の水があふれ、造田地区の水田が冠水して大きな被害が出た。 続きを読む

昭和34年の台風6号

昭和34年(1959)8月8日、台風6号が九州、四国南端をかすめた。6日~8日の雨量は大正415ミリ、大野見484ミリ、梼原468ミリで、具同の水位は... 続きを読む

昭和58年の台風10号

昭和58年(1983)9月の台風10号は、典型的な雨台風であった。山本町では、9月27日午後から雨が降り始め、翌28日午後6時までに223ミリの雨量を... 続きを読む

昭和36年10月の大雨

昭和36年(1961)10月26日~27日、大雨により、舟戸の降雨量は448ミリ、渡川の水位7.9m。 続きを読む

昭和14年9月の大雨

昭和14年(1939)9月16日、低気圧が四国を通過し、局部的な大雨となった。15日~16日の雨量は穴内で400ミリ、仁井田で358ミリ、後免で304... 続きを読む