昭和60年の台風20号

災害年月日
1985年10月06日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和60年(1985)10月5日未明、台風20号が九州西方約300kmの海上を北上した。このため、高知県内では雨勢が激しく、県中部に集中豪雨をもたらした。須崎市でも24時間降水量が130ミリを記録し、農地4.9ha、農業用施設15件の被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、249頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 集中豪雨
NO.
高知5566

よく似た災害

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日夜半、台風19号が来襲し、畑作物や水田などに被害を受けた。特に香川県東部に集中豪雨をもたらし、新川などが決壊、東部を... 続きを読む

昭和49年の台風8号

昭和49年(1974)7月6日、台風8号が本島東部地区に集中豪雨をもたらし、隣町内海町の被害は甚大で29人の死者を出したほどであった。池田町は事なく済... 続きを読む

昭和40年の台風23号・24号・25号

昭和40年(1965)9月9日~10日の台風23号で、高松で瞬間最大風速39.5mを記録した。引き続き、台風24号、25号のアベック台風が豪雨をもたら... 続きを読む

昭和8年の豪雨

昭和8年(1933)4月25日~26日に、低気圧が瀬戸内付近に豪雨をもたらした。松山周辺で、降水量は150ミリに達した。(「愛媛県史概説」による) 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日、台風19号が香川県東部に豪雨をもたらし、香川町でも道路・河川等に多くの被害が生じた。災害復旧費は1,823万円に及... 続きを読む