昭和62年の低温

災害年月日
1987年02月28日
市町村
高知県須崎市
災害種類
その他(低温)  
概要
昭和62年(1987)2月28日朝、冬型気圧配置の強まりで厳しい冷え込みとなり、県内全域で最低気温が零下になった。須崎市ではビワ7ha、1,210万円の農産物被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、249頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
低温
NO.
高知5570

よく似た災害

昭和52年の低温・積雪

昭和52年(1977)2月16日、高知市では最低気温が零下7.9度、最高気温が1.5度という高知地方気象台開設以来の最低気温を記録した。高知県山間部を... 続きを読む

昭和56年2月の異常低温

昭和56年(1981)2月25日から冬型の気圧配置が強まり、26日には徳島市で最高気温が氷点下の真冬日となり、27日の徳島の最低気温は氷点下5.9度に... 続きを読む

昭和55年の低温

昭和55年(1980)7月上旬から8月下旬にかけて、低温、多雨、寡照により農作物に大きな被害があった。多度津では、8月の平均気温が25.0度、8月の日... 続きを読む

昭和56年の低温

昭和56年(1981)2月25日~28日、低温により、県下で死者1人。中山の最低気温マイナス7.0度を記録し、中山町でも被害があったと思われる。 続きを読む

昭和33年3月の低温

昭和33年(1958)3月31日朝、冷え込みが強く、高松の最低気温は-3.5度となり、農作物に多大の被害があった。(高松地方気象台「異常気象速報」によ... 続きを読む