平成19年の台風4号

災害年月日
2007年07月14日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
平成19年(2007)7月14日、台風4号が鹿児島県大隅半島に上陸した。この台風の影響により、須崎市では数件の土砂崩れの被害が発生した。また、新荘川は水位が3m30cmまで上がり、桜川でも水位が2mを超えたことから、流域地区に対して避難準備情報を発令した。各地で25世帯25人が避難した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、257頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 土砂災害 新荘川 避難
NO.
高知5600

よく似た災害

平成26年の台風12号

平成26年(2014)8月台風12号の豪雨により、海陽町宍喰地区では浸水面積129.93ha、床上浸水56戸、床下浸水165戸の大規模な浸水被害が発生... 続きを読む

昭和38年の大雪

昭和38年(1963)1月28日、積雪1m30cmを超えた。(「中津小学校日誌」による) 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月12日、台風17号により、池田では12日24時に警戒水位7.5mを突破し、それ以降13時間警戒水位を超え、13日13時にピー... 続きを読む

平成16年の台風16号

image

平成16年(2004)8月30日、台風16号の接近が大潮の満潮と重なり、高松市を中心に香川県の沿岸部で高潮被害が発生した。高松地方気象台によれば、30... 続きを読む

平成2年の台風14号

平成2年(1990)8月22日、台風14号が愛媛県を直撃し、宇和町では正午から1時間で63ミリの豪雨を記録した。農作物などの被害は2億円を超えた。 続きを読む