大正4年の火災

災害年月日
1915年01月04日
市町村
高知県中土佐町
災害種類
火災  
概要
大正4年(1915)1月4日午前1時、久礼八幡町より出火、焼失家屋237戸。大正天皇より救恤金350円を下賜された。(「中土佐町史」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
久礼大正町市場の由来書には、大正天皇からの救恤金に深く感激した町民がそれまでの町名である地蔵町通りを改めて大正町と命名したことが書かれている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中土佐町史編さん委員会編「中土佐町誌」(中土佐町、2013年)、561頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 久礼 救恤金 中土佐町史
NO.
高知5643

よく似た災害

大正4年の大火

大正4年(1915)1月8日午前1時、八幡町から出火し、焼失家屋は230戸に及んだ。この報は天聴に達し、救恤金350円を下賜された。町民は皇恩の無窮を... 続きを読む

大正6年の火災

大正6年(1917)6月24日、上ノ加江で火災、家屋6棟、納屋2棟焼失。(「中土佐町史」による) 続きを読む

大正15年の火災

大正15年(1926)1月17日午前6時、久礼炭納屋より出火、納屋46棟焼失。(「中土佐町史」による) 続きを読む

明治42年の強風

明治42年(1909)8月、強風あり、西南宇和郡の漁船土佐沖において転覆、溺死70人に及ぶ。皇室より救恤金300円を賜う。(「愛媛県誌」による) 続きを読む

文政4年の火災

文政4年(1821)12月23日、久礼浦で大火。(「中土佐町史」による) 続きを読む