明治32年8月の水害

災害年月日
1899年08月28日
市町村
愛媛県新居浜市、新居浜市(別子山村)
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日の台風により、愛媛県内の死者が828人となり、愛媛県内では明治時代最大の災害である。特に被害が大きかったのは東予地方で、その中でも甚大な被害が出たのが別子銅山であった。新居浜と旧別子では512人が亡くなった。新居浜市山根町の瑞応寺には犠牲者の三回忌に水害供養塔が建立されている。また、新居浜市立川地区には百年忌の水害供養墓標が建てられている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大本敬久「愛媛県における災害の歴史と伝承-地震・津波・水害を中心に-」(愛媛県歴史文化博物館編「研究紀要第21号」2016年)、56-59頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
水害 台風 別子銅山
NO.
愛媛9118

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月、台風17号により、丹原町の関谷川・内川や新居浜市の王子川・新川沿いで水害が起こった。また、菊間町松尾地区と新居浜市星越町で... 続きを読む

明治32年の台風

image

明治32年(1899)8月28日、別子銅山で大水害が発生し、死者は513人に達した。この稿には、別子銅山殉職者追悼法要の様子と大水害の概要が示されてい... 続きを読む

明治32年の水害

image

明治32年(1899)の別子銅山の大水害に際して、医師高原清二郎氏が胸の上まで水に浸かりながら病院に行ったところ、暗かったため、包帯の古屑の上に石炭油... 続きを読む

明治18年の水害

明治18年(1885)、重信川で水害。重信川では明治期に鉄砲水による水害が相次いだが、その原因は廃藩置県以後の山林伐採であると伝えている。(「重信町誌... 続きを読む

明治19年の水害

明治19年(1886)、重信川で水害。重信川では明治期に鉄砲水による水害が相次いだが、その原因は廃藩置県以後の山林伐採であると伝えている。(「重信町誌... 続きを読む