宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日午後1時から3時頃に大地震が発生した。4日から7日まで、1日に8、9回の余震が続き、人々は屋外の仮小屋で過ごした。その後も、余震は翌宝永5年正月まで発生した。安城寺村では瓦葺長屋が倒壊し、4日の地震により道後温泉の湯が止まったため、松山藩主は領内の7つの寺社に祈祷を行わせている。(「元禄・宝永・正徳・享保年代堀江村記録」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大本敬久「愛媛県における災害の歴史と伝承-地震・津波・水害を中心に-」(愛媛県歴史文化博物館編「研究紀要第21号」2016年)、66-67頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
宝永地震 道後温泉 元禄・宝永・正徳・享保年代堀江村記録
NO.
愛媛9121

よく似た災害

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震が発生した。余震は断続的に翌年の正月まで続いたが、それほど大きな被害は記録されていない。道後温泉は湧出が止まった... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震があり、津浪のため、御家中の中ほどまで潮入したほか、道路が亀裂し、建物が破損した。余震が続いたため、宗純は医王寺... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震(M8.4)により、道後温泉湧出停止(145日間)。松山藩主久松定直公、道後湯神社に祈祷仰付く。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日14時前、大地震が起こり、家屋は倒壊した。また、山や崖も崩れ、地割れが起こった。宿毛では地震により大火事が発生した。土佐... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日14時前、大地震が起こり、家屋は倒壊した。また、山や崖も崩れ、地割れが起こった。宿毛では地震により大火事が発生した。土佐... 続きを読む