安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
愛媛県八幡浜市
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月4日正午、少々揺れ始め、5日午後4時頃、大きく揺れ、町内少々傷んだ。同日午後5時頃、大津波が浜之町まで潮が上がった。住民は神山寺(大法寺)に避難した。7日午前10時頃、大きく揺れ、家屋損壊多かった。(八幡浜史談会所蔵「大地心つなみくわじ之こと」による)/11月4日朝、地震。5日午後4時頃、大きな揺れ、みな外に出る。煙草一服くらいの時間揺れ、矢野町、八幡浜は潰れる家があった。5日暮れに津浪来る。7日の地震は5日よりも大きかった。(「八幡浜国木庄屋菊池家地震記録」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大本敬久「愛媛県における災害の歴史と伝承-地震・津波・水害を中心に-」(愛媛県歴史文化博物館編「研究紀要第21号」2016年)、68-69頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政地震 津波 大法寺 八幡浜史談会 八幡浜国木庄屋菊池家地震記録
NO.
愛媛9122

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日午前10時頃より大地震、翌5日午後4時過ぎまで大揺れ3回。讃岐各地で被害。(「諸国珍事大変控帳」及び「増補高松藩記」によ... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月5日午後4時、地震が起こり、7日に最も激しい地震があった。人々は三本松などに避難した。5日午後6時頃、津浪が押し寄せて、40... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日朝辰の下刻(午前9時頃)、大地震があり、5日夜明けまで5、6度揺れ、人々は林藪に逃げる。5日午後3時頃と8時頃に大地震が... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日、5日の地震後の津波により、東由岐浦では24、5人が流されて亡くなった。東由岐「当屋帳」によると、4日午後2時頃地震があ... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日朝五ツ(午前8時頃)地震があった。さほど強くなかったが、長時間揺れが続き、津波が来た。翌5日夕刻七ツ半(午後4時頃)大地... 続きを読む